2005年11月12日

こんなに元気になりました!

IMG_1039.JPG

IMG_1037.JPG

エネルギーがあまって、食欲もウンと出てきて、すっかり回復したチビ君。

頭のいいチビ君は、外に出たいと、ドアのノブを自分で開けようとするのでした。

でも、油断は禁物!まだ、外出は早い。

しっかり、抗生物質をしばらくは飲ませて、養生させておかなくっちゃ〜〜

ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 20:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ほんとうに元気になったチビちゃん!

IMG_1036.JPG

家捜ししたら、錠剤の古い抗生物質が出てきた。

そこで、成分含量と体重計算その他により、かなり正確な有効使用量を割り出し、その錠剤を器用な愚妻に砕いて粉末に製してもらい、猫ちゃんの犬歯にこすり付けるようにして舐めさせるのであった。

すると、見る見る元気になって、これならいずれ根治しそうである。

これ、職業柄とは言え、漢方専門薬局だから、本来なら「白×蛇×草」や「銀翹散製剤」などを服用させるべきだが、これらの味はとうてい、猫ちゃんたちのお口に合うものではない。

抗生物質の威力をまざまざと知ったヒゲ薬剤師であった

ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

昔、叔父にもらっていた抗生物質が1カプセルだけあったので、チビちゃんに飲ませたら、途端に元気になったが/・・・・

黄色の膿汁が鼻か出て、しばらくすると黒変する状態で、元気がないチビちゃんは、子供の頃のようなウイルス感染とは思えない。

その証拠に、子供の頃に飲ませた「板×根」のエキスを連用しても無効である。

そこで、白×蛇×草のエキスを飲ませようと思っても、板×根と違って、とびっきりまずいので不可能。

そこで思いついたのが、叔父がまだ現役で開業医だった頃にもらっていた抗生物質が、ほんの一カプセルだけ残っていた。

その三分の一ほど飲ませると、途端に膿汁が止まり元気になった。

そうして丸一日元気だったが、薬切れしだすと、次第にまた膿汁が出だして、元気喪失。

さあ、明日、何とかして、抗生物質を手に入れなくっちゃ〜。

これで原因がわかったようなものだから、獣医さんに頼んで、診察ナシで薬が買えないか、お願いしてみよう。
コチトラ、薬の専門家の薬剤師なのだから、何とかしてくれるだろう?!

人間用の漢方薬なら、漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局 にあるけどね〜〜〜

ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 02:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

家の一部を改築する間、外に1日いた時から体調を崩したチビちゃん

IMG_1024.JPG仲良くトラと寝ているが、一週間前の家の一部の改築後から、突然チビが体調を崩して食欲が無い。

猫エイズにでも感染しているのか、病院に連れて行きたいが、その時間もないし人でもない。

何とかしなければと思うが、体調がいいのはトラちゃんばかりで、食べ過ぎ気味で肥満体になりつつあるので、こちらのほうが、そろそろ食事制限をさせなければならない。

ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 23:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

家の中のね子供はチビとトラの二匹だけ

IMG_1020.JPG外には、どうしも懐かない、母親のクロと、娘の二代目ブルがいる。

家の中には、母親のクロに捨てられて、ほんの小さい幼児の時代から、育て上げたオス猫2匹だけ。

2匹とも、性格はまったく違うが、気性がとても温和で、やさしい。



ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする