2005年11月11日

ほんとうに元気になったチビちゃん!

IMG_1036.JPG

家捜ししたら、錠剤の古い抗生物質が出てきた。

そこで、成分含量と体重計算その他により、かなり正確な有効使用量を割り出し、その錠剤を器用な愚妻に砕いて粉末に製してもらい、猫ちゃんの犬歯にこすり付けるようにして舐めさせるのであった。

すると、見る見る元気になって、これならいずれ根治しそうである。

これ、職業柄とは言え、漢方専門薬局だから、本来なら「白×蛇×草」や「銀翹散製剤」などを服用させるべきだが、これらの味はとうてい、猫ちゃんたちのお口に合うものではない。

抗生物質の威力をまざまざと知ったヒゲ薬剤師であった

ニックネーム ヒゲ薬剤師 at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする